読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呑んだくれのヘ音記号

酒があったら毎日Happy。

鳳凰美田 純米大吟醸 髭判

週末。外出しようと考えていたものの、頼んでいた荷物が届かずに待ちぼうけを食らってしまった夜。このままでは1日を無駄にしてしまう!そう思い夜の街を徘徊。新しいお店で新しいお酒。今回飲んでみた日本酒は飲み屋さんのイチオシ、栃木の酒蔵小林酒造の…

〆張鶴 月

なんだかんだ言いながら、年末年始に新潟で購入した〆張鶴、未だに飲んでいます。ご当地新潟の酒屋さんでは、〆張鶴にもいろいろなグレードがあります。 吟撰:吟醸酒 純:純米吟醸酒 雪:特別本醸造 月:本醸造 花:普通酒 今回レビューさせていただくのは…

蓬莱泉 可。

先週、名古屋にお邪魔する機会がありました。味噌煮込みに手羽先。味噌おでん。手羽先にはやはりビールがエンドエレスで進んでしまうのですが、2軒目に行くとやっぱり日本酒が飲みたくなるもの。ここでやっぱり飲みたいのは地酒。地元の方がオススメしてく…

市島酒造 夢 純米吟醸

新潟に旅行に行った折、月岡温泉に宿泊しました。そこで出てきた地元の酒が「王紋」。この日本酒がとってもとっても日本酒くさい、いい意味での玄人好みの酒であったのでした。私はどちらかというと淡麗辛口の酒が好み。旅館の方に聞いてみたところ、同じ酒…

三種類の新潟の酒

年末年始を利用し、新潟は月岡温泉におじゃましました。月岡温泉のお湯は噂に違わぬ名湯で、柔らかなお湯は何度入っても湯冷めしにくい不思議なお湯でした。ネックは東京からの遠さですが、また機会があればまたぜひ行ってみたいと思います。 閑話休題、この…

月桂冠 ヌーベル純米吟醸

ここのところプライベートでは激務が続いていたので、飲む酒もほとんど定番ものになっていました。第三のビール、第三のビール、たまにはハイボール、九州土産の焼酎。(かといって飲まないわけではないんですが)というわけで、久しぶりに日本酒飲みたいな…

飛良泉 純米大吟醸

なんだかんだで酒は飲んでいるのですが、最近酒に飲まれ気味だったような気がします。いわゆるやけ酒。仕事のストレスが大変にかかっている状態で、旨い酒というよりは「酔えればいい酒」というチョイスになりつつあり…。反省して酒屋に行き、日本酒を購入し…

出羽桜と雁木と

最近まったくこのブログ更新できてませんね、すみません。。。 先日、出羽桜 桜花吟醸 本生を見つけたので迷わず購入。出羽桜は、一番最初にこのブログを開設した当時に一度紹介しています。なかでも本生は一番好きな酒だと思っていました。今の今までは。た…

いづみ橋 純米大吟醸

いづみ橋が続いてしまって恐縮ですが、やっぱり地元、神奈川の酒は応援したくなるものです。夏にはヤゴ、秋にはトンボ、冬には雪だるまなど、季節感のあるラベルで目で見ても楽しい、海老名の泉橋酒造。先日酒蔵の方がいらっしゃって直販されており、見たこ…

いづみ橋 夏ヤゴ ブルー

もう季節は夏、横浜は少し涼しい日が続いていますが、とはいってもこれからの夏本番、いよいよビールの消費量が増える季節です。ビール、ハイボール、チューハイ。どうしてもシュワシュワしたお酒の消費も激しいこの季節ですが、うっかり先日から日本酒ブー…

会津の地酒めぐり

いまさらですが、話はGWまで遡ります。ぽっかりと空いたGW、どこかへ何かをしに行こう!と思い立ってやってきたのは会津若松。特に何が合ったわけではないのですが、ちょっと離れた北の酒蔵が密集する、一捻りきいたところはどこだろうか…と考えたところぼん…

白牡丹(上撰)

先週末、凝りも凝りずに飲んでいました。珍しくイエノミだったのですが、気の合う仲間たちとの飲みは本当に楽しい。そして、大人たちの収集癖ってステキ。各人が1本ずつ持ち寄るというルールのもと、文字通り「銘酒」をいただきました。 酔心 純米大吟醸 五…

獺祭

いまさらご紹介するまでもないので、ココに取り上げるかどうか迷ったのですが…。横浜の高島屋は、いつも獺祭を揃えてくれています。ただ毎日が限定販売。当日の仕入れ分がなくなると売り切れ。月1回の抽選販売「森伊蔵」に比べればよっぽど入手しやすいお酒…

雨後の月 new moon

先週、歓送迎会で飲みました。(私が年がら年中飲んでる人みたいなので念のため。外れていないけど)今回のお店は日本酒の品揃えが幅広く、十四代だけで数種類あるというこだわりのお店。案の定十四代は生酒をいただいたのですが、今回ご紹介するのはいつも…

初孫 本醸造

このブログ、更新頻度はとっても少ないです。なぜならば、私の酒の記録と共に更新されているから。更新が止まっているときは、好みの違った酒を飲んでいるor戴き物の酒を堪能しているのどちらかだと思います。でも1ヶ月に2本は更新したいんですけどね。 今…

雁木 純米生原酒

先日、二子玉川にお邪魔しました。二子玉川園やナムコワンダーエッグがあったかつての場所はもはや面影なく、背の高いビルがニョキニョキ生えてまさに隔世の感です。そこで見つけた酒屋さん、はせがわ酒店さんで思わず捕獲してしまった今晩のお供が「雁木」…

越乃梅里

季節が進み、日本酒の美味しい季節になってきました。以前は冬でもウイスキーやハイボールが多かったのですが、今年はどうも日本酒がすぐ無くなってしまいます。急速に老人化が進んでいるのでしょうか。。。以前はブランド物日本酒しか買いたくなかったので…

越後で候

最近とっぷり記事の更新が少なくなっているのは、ひとえに新しいお酒を飲む機会が少なかったからです。(決して、健康に気をつけて休肝日を設けていたというわけではないので念のため…)ともあれ、今年もいよいよ冬到来。生酒やしぼりたての美味しい季節とな…

あら玉 秋あがり

先日宮城峡に立ち寄った帰りに、お土産としてなにか日本酒を持たせていただけることになりました。せっかくなので、地元の酒屋でこの時期にしか手に入らない酒を、とリクエストしたところこちらをいただいたのでした。以前ご紹介した「月山丸」と同じ酒蔵、…

十四代特吟

ニッカの宮城峡蒸留所に行った帰り、山形に立ち寄りました。美味しい料理と芋煮を頂けたのですが、その場で「話の種に」と薦められたのがこちら、十四代の「特吟」です。私が十四代十四代言うものですから、山形で飲むならと折角のご好意に甘える事にしたの…

黒龍 大吟醸

夏の終わりの滑り込み飲み。仲の良い友人と一献交えることができました。近場の酒場もまだ開拓していないところが多いのですが、幸いにも私の住まいの近くには日本酒にこだわりをもつ酒場が多いようです。だからいつも飲み過ぎる、とな。いただいたのは海の…

龍力 大吟醸 米のささやき

神戸旅行をした際に自分へのとっておきのおみやげとして購入した日本酒がありました。それが「龍力 大吟醸 米のささやき」です。 灘の酒蔵が地元限定で販売している大吟醸ですが、その味わいはどちらかというと米の旨味を十分に発揮させていたような気がしま…

増毛の酒蔵、国稀。

北海道、旭川の西側、海沿いにある街、増毛。そこに全国最北の酒蔵、国稀酒造があります。 国稀酒造 国稀 特別純米酒 720ml 辛口 出版社/メーカー: 国稀酒造 メディア: この商品を含むブログを見る yahooニュースでも取り上げられていましたが、増毛駅が無く…

福寿 純米&純米大吟醸

先日、有楽町・東京交通会館の中にある「むらからまちから館」に訪問する機会がありました。全国各地のうまいものを取り揃えているこの中、地酒もたくさんの種類がありますが、そのなかでダントツの一番人気だったのが、兵庫・灘の地酒「福寿」です。このお…

作 恵乃智

なんだかいつのまにか6月になってしまいましたね。今日は行きつけのお店で日本酒が飲みたくなって出していただいたこちらのお酒。 【日本酒】作(ざく) 恵乃智(めぐみのとも) 1.8L 出版社/メーカー: 清水醸造 メディア: この商品を含むブログを見る 「ザクと…

あら玉 月山丸

山形県シリーズが続いているようで申し訳ありません。(知人が山形出身なのに起因しているのかもしれません)今回取り上げるのは、山形県の酒蔵「和田酒造」の作る大吟醸酒「あら玉 月山丸」です。 大吟醸 あら玉 名刀 月山丸 720ml 出版社/メーカー: 和田酒…

十四代 & 朝日鷹

もはや有名になりすぎた感のある、山形県東根市富並の酒蔵、高木酒造が作る酒が、十四代です。 本醸造 十四代 本丸 秘伝玉返し 1800ml 出版社/メーカー: 高木酒造 メディア: この商品を含むブログを見る 先日、横浜で飲んだくれていた2件めに行ったお店に、…

出羽桜 出羽の里(火入)

久しぶりの日本酒レポートです。 出羽桜の中でも純米酒の位置づけとなるこのお酒。とりあえず出羽桜酒造のものでしたので購入、冷で飲んでみました。残念ながらAmazon先生では取り扱いが無かったようなので、酒蔵の画像を拝借させて頂いています。 純米酒と…

白鶴 大吟醸

なんだかんだで毎日飲んでいるので、実はこっちのブログは更新頻度はそんなに低くないかもしれない…とはいっても、なかなかお酒の味を語るのは難しい、ということに改めて気付かされております。よくウイスキーの味を描く方がいらっしゃいますが、まったく絵…

出羽桜 純米吟醸

とりあえず、過去記事の移行作業も終わったので、新たにエントリーを書いてみようと思います。 出羽桜 桜花吟醸酒 出羽桜酒造 出羽桜(でわざくら) 桜花 吟醸酒 720ml 出版社/メーカー: 出羽桜酒造 メディア: この商品を含むブログを見る なんか過去記事をみ…