読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呑んだくれのヘ音記号

酒があったら毎日Happy。

菊之露 ブラウン

酒好きのブログにおいて、私があまりふれないジャンルのお酒。それはワインと泡盛。ワインはどうも悪酔いしてしまうタチらしく、1本空けると次の日フラフラになって使いものにならないんです。泡盛は、そのクセの強さ。新酒も古酒もお土産でいただくことがあるのですが、あの個性の強さがどうも好きになれず、敬遠しがちです。

昨夜は沖縄料理屋で一献。一通り麦のシュワシュワしたやつで喉を潤すと、流れは泡盛に。そこで見つけたのが「菊之露 ブラウン」です。残波や久米仙しか知らなかった私、今回はこの菊之露を水割りでオーダーしてみると…なんということでしょう!トゲトゲしい印象しかなかった泡盛が、飲みやすくまあるいお酒になっています。コレなら飲める。

聞くと、この菊之露、実は沖縄では超メジャーで、どんな居酒屋でも置いているような泡盛のようです。なかでも「ブラウン」は、新酒と古酒を絶妙にブレンドしているせいか、新酒のそれよりもかなり飲みやすいとのこと。あぁ、なるほどね。いままで自分が飲んでいたのは無理やり濃い状態だったんだ。もう少し慣らしていけば、泡盛だって好きになれるかもしれない。沖縄で今度は飲んでみたいお酒のひとつになりました。

鳳凰美田 純米大吟醸 髭判

週末。外出しようと考えていたものの、頼んでいた荷物が届かずに待ちぼうけを食らってしまった夜。このままでは1日を無駄にしてしまう!そう思い夜の街を徘徊。新しいお店で新しいお酒。今回飲んでみた日本酒は飲み屋さんのイチオシ、栃木の酒蔵小林酒造の「鳳凰美田 純米大吟醸 髭判」です。

マスカットのような香りが特徴 という触れ込み。いざ味わってみると…おぉぅ、淡麗旨口、まるでワインみたい。久しぶりに味わうしっかり感のある口当たりながら、するすると入っていくいいお酒。酔っ払っていることを忘れてしまいそう。事実、この日は少し飲みすぎまして(出てくるお酒がことごとく新しいお酒&美味しいお酒だった)朝まで若干残ってしまったのでした。まだまだいろいろ知らない世界がありますね、日本酒。

ブラックニッカ ブレンダーズスピリット

あっというまに今日は期末日。業務的には私は期末よりもその数日前がピークを迎えるため、今期も無事に終わることを勝手に祝し、買い置きのウイスキーを開けることにしました。ニッカの、ブラックニッカ ブレンダーズスピリットです。

マッサンの人気だったのがつい先日のことのように思い出されます。ウイスキー人気が爆発しすぎてニッカウイスキーの商品ラインナップを変更せざるを得なくなった話は有名ですが、その中でも限定物として以前販売されたのがこの製品。2017/3/28に再販されるということもあって、勢いで開けてみました。味わいは…ブラックニッカのとっつきやすさはあるものの、余市原酒の力強さが残り、余韻もかなり長い部類です。ソルティな特徴を残しつつ、グレーンとのブレンドが上手い、ちょっと贅沢な日常酒です。標準価格は2,500円?いや、サービスしすぎでしょう、相変わらず。この価格帯では、海外に自慢できるジャパニーズウイスキーだと思います。

ニッカの竹鶴12年やサントリーの山崎12年など、手軽な価格帯で楽しめた定番品の終売が目立つ日本のウイスキー。このウイスキー、ちょっと高くてもいいからずっと売ってくれないかなぁ。ダメだろうなぁ。季節物として、楽しく味わいたいと思います。