呑んだくれのヘ音記号

酒があったら毎日Happy。

竹鶴、終売に思うこと

私をウイスキー沼に最初に取り込んでくれたのは、紛れもなく竹鶴の存在でした。

大学生になり、私も酒を覚えてから一通りの酒を試しました。サワーから始まり、ビール、焼酎、日本酒、ワイン…。そんな中で一人で購入する機会がどうしても少なかったのがウイスキーだったのです。度数の高い酒をどうやって飲んでいいかわからず、登場する機会も少なかったんですかね。購入したサントリーオールドとかをストレートで味わうにはちょっと辛かった(アルコール度数も癖も強かった)し。友人から聞いた「ウイスキーのキリンレモン割り」によくお世話になっていたっけなぁ。

そんな私が本格的にウイスキーに目覚めたのは、おそらく余市旅行。北海道をひとりであてどもなくさまよっていたときに、余市にニッカの蒸留所があるということを知り、観光目的で(酒目的ではなく)訪れたのでした。そのときに無料試飲させてくれたのは響、竹鶴、アップルワインという最強カルテット。この時点でだいぶノックアウトされた私だったのですが、、、

工場の中に、有料の試飲スペースがありました。当時としては破格の価格で試飲させてくれたお酒が竹鶴の35年。ハーフショットで2,000円とこれまた高いのか安いのかよくわからない値付けだったのですが、そのときのおばちゃんに言われた一言が忘れられません。「人生でこんないい経験できる機会めったに無いんだから、絶対にあるうちに味わったほうが良いよ」実際この経験は私の酒飲み人生の中でも伝説に残っている日です。果てしなく長い余韻と果てしなくなめらかな舌触り。若輩者が気軽に味わえるものではないことは間違いなく、市価70,000円(80,000円だったかな?)の幻ボトルはもうバーで見たことはありません。

ウイスキーの沼に落ちていくきっかけとなった、竹鶴。このお酒は生涯、忘れ得ぬものでしょう。そしてその酒も思い出とともに記憶と残っていくことを願ってやみません。17年は気軽に購入できる(それでも思い切って購入するやつですけど)、21年はバーで特別なときに飲める、そんな竹鶴。時代もまた令和に移り変わり、お酒も変遷されていくのでしょうかねぇ。。。 

手元にあるのは、竹鶴の12年しかないんです。ノンエイジになって竹鶴もだいぶん若々しくなってきてしまったのが残念。私の日頃のご褒美くらいには竹鶴の12年あたりがちょうどよかったんですけど、ねぇ。

田酒 純米吟醸山廃

久しく放置している本ブログでありますが、お酒自体のバリエーションも最近減り気味でして…。実際に家飲みするときは決まって、第三のビールといつものハイボールorチューハイで締める。そんな生活を続けております。外飲みする機会もあまり最近はなかったもので、若干寂しかったのですが…
そんな私の気持ちを汲んでかどうかは知りませんが、知り合いと「さんまを食べる会」を催しました。きっかけはサンマを食べたいと言った友人だったのですが、日程を調整した9月の三連休時点ではサンマが高すぎて手が出ず…ということで、主にきのこをたくさん焼く会となりました。肉厚の原木しいたけ、美味しかったな。
さて。そんな会に友人が持ってきてくれたお酒が、今回ご紹介する「田酒 純米吟醸山廃」です。田酒といえばご存知青森の銘酒ですが、その田酒が山廃の、しかも純米吟醸を名乗るお酒とあってとても期待したのですが…率直に言えば、期待を上回る出来でした。ほんのり酸味のあとにくる、いつもの田酒の感じ。山廃は実は私あんまり「きつい酸味」が得意ではなくて敬遠していたのですが、この山廃は美味しい。田酒ならではの切れ味もあって、ハマりました。
詳しい友人に聞くところによると、おそらく加水する段階で自分のところの水をくわえているんじゃないかとのこと。海に近い西田酒造では、通常であれば他のところから水を持ってくるらしいのですが、この田酒 純米吟醸山廃はほんのりヨードの香りがしました。これは海の香りなのでは?と言っていたので、おそらくそうなんでしょうね。

ともあれ、この味。おだやかな山廃が好きな方にはおすすめできます。個人的には今まで飲んできた山廃の中ではナンバーワンでした。さすが田酒ですね。

田酒 純米吟醸 山廃仕込 720ml

田酒 純米吟醸 山廃仕込 720ml

 

 

秀鳳 純米大吟醸 玉苗

秋田旅行2日目。湯沢の酒を味わった私、翌日は山形の友人が持ってきてくれた「秀鳳」をいただくことと相成りました。山形の友人は無類の酒好き、持ってくる酒はほぼ間違いがないのですが、今回は純米大吟醸、なかでも「玉苗」という酒米を用いたものを持ってきてくれました。

瓶を開けた途端に広がる、軽やかな香り。味わいも軽く、どちらかというとライスワインといった面持ちです。かといって前日の花邑のような甘さはなく、さらっとしている。うん、これも間違いなくおいしいお酒です。そして私の好きなタイプ。絶世の美女ではないけれど、気取らず気立ての良い正統派美人、といった感じです。

先日空けた花邑、今回の秀鳳、どちらも甲乙捨てがたい非常に満足の行く味わいを楽しむことができました。自分が年をとるにつれて酒に弱くなってきているような気がするのは多少残念ではありますが…とはいえまだまだ世の中には美味しいもの、転がっているみたいですね。